ホールディングス化のメリット・手順・税務・労務・法務

ホールディングス化サポート.com

〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-18-16 虎ノ門菅井ビル7
〒550-0012 大阪府大阪市西区立売堀1-2-12 本町平成ビル3
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-15-5 天神明治通りビル8階

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
【受付時間】平日9:00~18:00

(東京)03-5405-2815

(大阪06-6535-8828

(福岡092-781-2131

組織再編全般を承ります!

このたびは、ガルベラ・パートナーズグループのホールディングス化サポートサイトをご覧いただきまして、ありがとうございます。
当グループは、税理士法人、社会保険労務士法人、司法書士法人、行政書士法人、コンサルティング会社、資産運用会社、海外ビジネス専門コンサルティング会社等、国内11社、海外6社で形成されております。

当サイトは、組織再編に伴った様々な事業施策において、メリット・デメリットも踏まえた持株会社の構築方法、会社法上の取扱い、税務上の取扱いなど、ホールディングス化について詳しくご説明しております。
ホールディングス化についてご支援が必要な企業様は、お気軽にお問い合わせください。

ホールディングス

近年、“○○ホールディングス”や
“○○グループ会社”という言葉を
耳にしませんか?

“組織再編”とは、必ずしも一義的ではありませんが、会社法では、組織変更・合併・会社分割・株式交換・株式移転に関する規制をいいます。

近年、自由に企業組織を再編出来る時代に変化したため、合併・会社分割・事業譲渡なども容易に出来るようになりました。
時代の変動により、現在、多くの企業が複雑なグループ化の体制を基づき、中でも、事業承継の一環として、ホールディングス化に取り組む企業は増加の一途を辿ります。

ホールディングスとは、持株会社ともいいます。
また、
ホールディングス化の体制は、グループ企業を管理している持株会社(完全親会社)がグループ会社(完全子会社)を管理することをいいます。

ホールディングス体制の構築方法

ホールディングス化の手法は、大きく分けて次の3種類の方法があります。

(1)会社分割方式

(2)株式交換方式

(3)株式移転方式

例えば、不動産管理会社を親会社に事業会社を子会社にしたホールディングス体制を構築する場合は、会社分割方式または株式交換方式・株式移転方式が用いられます。それぞれにメリット・デメリットがあるため、ホールディングス化を構築する際は、しっかりと目的を明確にし、事前の検討が必要となります。

新会社として独立した後、切り離した事業を他の企業に承継する制度をいいます。

2社の株式を交換し、完全親会社と完全子会社の2つに分ける制度をいいます。

既存会社が完全親会社を設立し、自らが完全子会社となる制度をいいます。

ホールディングス体制に関するQ&A

ホールディングス化とはどのような形態をいうのでしょうか?

持株会社が大株主として、傘下の企業の指導や経営方針の立案などを行う形態のことをいいます。

このようにX社がA・B・C子会社の100%親会社の体制になることをいいます。
 

なぜ近年、ホールディングス化が増えてきたのでしょうか?

MAによる企業のリストラや新規事業への進出など、産業構造の変化が加速する中、国際化する世界のビジネス競争に打ち勝つため、ホールディングス化を取り入れた方が望ましいと言う声が高まり、現在多くの企業がホールディングス体制になっております。

ホールディングス化を取り入れるべき会社とは?

少数株主が存在している会社が複数ある場合、またはグループ内での持式持合いなど資本会計が複雑化している会社は、ホールディングス体制を取り入れることをおすすめします。

ホールディングス化には、利点があるのでしょうか?

グループ法人税制やグループ組織再編を活用出来るようになり、経営管理がしやすくなるため、各社は事業に対しての力を注げるようになります。
しがたって、グループ全体として、利益を追求出来るようになり、売上が向上するメリットがあります。

ガルべラ・パートナーズグループの体制

ガルベラ・パートナーズグループは、税務・労務・法務・海外進出コンサルティングの専門家が一堂に会して同じオフィスで執務を行っております。
貴社のホールディングス化をあらゆる側面から強力にサポートし、且つ、コストも低減させることが可能です。

税務

税理士法人がサポートいたします。
税制適格や組織再編後の資本などの取引時に巡る税務など、組織再編に関わる税務を全面的にご支援いたします。

労務

社会保険労務士法人がサポートいたします。
労働承継や社会保険・労働保険の引継ぎ、労働組合や健康保険組合との交渉など労務全般を承ります。

法務

司法書士法人がサポートいたします。
議事録作成や公告申込の他、種類株式の設定や少数株主対策などもご一緒にご案内いたします。

当社のサービス

  • 1
    組織再編前の事前検証
  • 2
    株価算定評価
  • 3
    取締役会議事録、株主総会議事録
  • 4
    決算公告、分割公告その他の公告の申込代行
  • 5
    会社分割、株式交換、株式移転の手続き
  • 6
    不動産取得税 非課税申告
  • 7
    反対株主からのスクイーズアウト手順
  • 8
    反対株主の買収請求への対応

ホールディングス体制の構築方法

新会社として独立した後、切り離した事業を他の企業に承継する制度をいいます。

2社の株式を交換し、完全親会社と完全子会社の2つに分ける制度をいいます。

既存会社が完全親会社を設立し、自らが完全子会社となる制度をいいます。

よくあるご質問はこちら

  • 自社に最も合った持株会社の構築方法を教えてください。
  • 赤字の事業を手放したいのですが、どうすればよいのでしょうか?
  • 少数株主を整理して、株式をまとめたい。
  • ホールディングス化にすることによって節税対策できますか?
  • 社会保険事務、給与計算、年末調整などもお願いしたい。

  • 会社設立の必要書類に記載すべき内容がよくわからない。

  • 事業契約や資金調達、補助金・助成金申請の相談に乗ってほしい。

お電話でのお問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください

東京
03-5405-2815
大阪
06-6535-8828
福岡
092-781-2131

【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

お電話でのお問い合わせ

(東京03-5405-2815
(大阪06-6535-8828
(福岡092-781-2131

【受付時間】平日9:00~18:00
お気軽にご連絡ください。